アシスト比の違いで乗りごごちが変わる

使用目的によって違うアシスト比

各メーカー電動アシスト自転車のアシスト比

電動アシスト自転車のアシスト比の違いが現れる部分は、大きく分けて2つあります。その一つは、バテッリー容量の違い、大きいバテッリー程負荷をかけても長時間使え、その分余裕が出るので、アシスト量も多くなります。もう一つの違いは、レスポンスの違いです。搭載しているトルクセンサーの感度の違いで、ペダルを踏み込む力の大小の評価が変わり、どれだけのパワーと持続時間を使うかで、電動アシスト自転車特有の後ろから押されるような力のフィーリングが変わってきます。

道路交通法で制限される電動自転車

電動アシスト自転車は発進時、重い荷物を積んで走る時、急な坂道、向かい風の時など、ペダルを踏み込む量(踏力)に応じて電気の力で補ってくれます。

前に進む力を補って(アシスト)くれるから、電動アシスト自転車と呼ばれています。

但し、道路交通法でアシストする速度(時速24km)の上限が決まっています。

この上限を超えて電動で走る自転車は、一般にフルアシスト電動自転車と呼ばれ、国内の法規では「原動機付き自転車」と同じ扱いを受け、ナンバープレ-ト他、法規に合った改造が必要です。

購入時のままの使用は違反となり、公道を走ることはできないので、購入時注意する必要があります。

国産メーカーの電動アシスト自転車を選択する場合、問題ありませんが、外国製の物については事前の調査をしっかりとして、道路交通法に適合しているかどうかの確認が必要です。

この場合、知らなかったでは済ますことが出来ず、科料の対象となります。

電動アシスト自転車


電動アシスト自転車のアシスト比

道路交通法で規定されているのは以下の点です。

●時速10km以下では、人力を1とした場合、それに対して最大2のアシストが可能(33%:67%)

●時速10km~時速24kmまでは、その比率を速度に応じて徐々に下げ、時速24kmを超えるとアシスト率はゼロになる。

速度が低く、力が必要なときにはアシスト量を増やし、スピードが出てきたらアシストを減らし、やがてアシストゼロになるわけです。

時速10kmまでのアシスト量は、最大で2と規定されていますが、どの電動アシスト自転車でもアシスト量が最大の2になるわけでなく、自転車の使用目的に応じてアシスト率を変化させています。

アシスト量の比率が自転車の個性になり、たとえばスピードは出ないけど、粘りがあって力強いとか、発進時はもたつくけど、走り出すとどんどんとスピードが乗るなど、電動アシスト自転車の性格になります。

国産の各メーカー共、アシスト率の数値を公表していません。

但し、アシスト率の判断の手掛かりがあります。

電動アシスト自転車のアシスト比


◎パナソニックの電動アシスト自転車

パナソニックの中で、一番アシスト率の高い電動アシスト自転車は、ラクラクドライブユニットを搭載したものが該当します。

具体的に言うと、

がこれにあたります。

ラクラクドライブユニットは発進時、上り坂など、低速で強い力が必要な時に、強い力をかけても耐えられるように、強化ハブを使用していて、フレームの強度も強化されています。

ペダルを軽く漕ぐだけで、強力に進むことが出来ますので、脚力の弱いお年寄り、子供を乗せて走るお母さんなどに向いています。

◎Wセンサーシステム搭載モデル

2013年度モデルより、Wセンサーシステム(ヤマハのS.P.E.C.3と同様な)が一部の車種に搭載され始めました。

これはペダルを漕ぐ力(トルクセンサー)と前輪の回転数(車速)を計測して、ギア比に応じたて最大限のアシスト力を得るためのものです。

何故これが必要かと言うと、新基準のアシスト率、時速10kmを超えると徐々にアシスト率を下げ、時速24kmではアシスト率をゼロにすると言う基準に対応する為、パナソニックでは3速時のギアの回転数を基準に測り、これを車速情報として処理していました。

その為、低いギア(1速、2速)ではアシスト率が下がり始める車速が時速10km以下から始まってしまい、いちばんアシスト力が必要な、向かい風や登り坂などでギアを2速、1速に落とすと、アシスト力が不足する傾向にありました。

これを改善する為に、前輪に車速センサーを取り付け、1速、2速、3速、それぞれのギアで最良のアシスト量を得られるようにしたもので、名称は異なりますが、ヤマハのS.P.E.C.3と同じ技術を採用しています。

尚、3速固定でギアチェンジ無しで使う事が多い人には、この機能も全くメリットがありません。3速ギアの場合、アシスト率と速度の関係は、常に新基準の最大限の値になるからです。

2013年度モデルでは、12車種にWセンサーシステムが搭載されましたが、今後他モデルにも搭載されるようになるでしょう。

外見から言うと前輪ハブ(車軸部)に黒い円盤状の板が取りつけてありますので、一目で違いが判ります

Wセンサーシステムが搭載された車種は

一部車種で仕様変更に伴い、定価の変更があります

ビビ・EX

ダブルセンサーシステム

ビビ・EX


◎ヤマハの電動アシスト自転車

ヤマハの場合は「アシストLv」の項目で☆マークで判断ができます。

アシスト量最大は☆が6個です。

具体的には

以上がアシスト量が高い電動アシスト自転車になります。

パナソニックの項で説明しましたS.P.E.C.3(内装3段変速)の一部を除き全ての車種と、S.P.E.C.8(内装8段変速)が3車種、従来から搭載されています。

◎Wセンサーとトリプルセンサーの違い

2013年度モデルより、トリプルセンサーシステムが一部の車種に搭載され始めました。

従来の「トルクセンサー」、「スピードセンサー」にプラスして「クランク回転センサー」が追加され、合計三つのセンサーが搭載されています。

「トルクセンサー」は、ペダルを踏み込む力を測るセンサーです。

ペダルを踏み込む力は、時計で言うと1時(上死点)から5時(下死点)の間が、最大のトルクになります。 そして6時から12時までの範囲は、踏み込む力よりも惰性で、ペダルが回って行きます。 この間は踏み込む力(トルク)も弱くなり、それを感知してアシスト量も少なくなります。

アシスト量の変化を見ると、ペダルの位置が、時計の1時~5時の間が最大で、6時~12時の間が最小になり、大きくなったり小さくなったり変化します。

ここで「クランク回転センサー」の情報「ペダルは1分間当たり何回転しているか」を追加すると、ペダルが6時~12迄の間でも、トルクは少ないけど回転数が多いので、アシストを必要としている事が判り、アシスト量を減らさないようにします。

つまり、トリプルセンサーシステムでは、アシスト量の変化が少なく、よりスムーズなアシストが可能になりました

◎トリプルセンサーシステム搭載モデル

2013年度モデルから搭載されたのは

以上の車種になります

ナチュラL スーパー

トリプルセンサーシステム搭載モデル

PAS Ami


◎ブリジストンの電動アシスト自転車

ブリジストンはヤマハのOEM製品の為、表示方法も同じ、アシスト量最大は☆6個です。

具体的には

以上が強化ハブの仕様です。

パナソニックの項で説明しましたS.P.E.C.3(内装3段変速)の一部を除き全ての車種と、S.P.E.C.8(内装8段変速)が2車種、従来から搭載されています。

◎トリプルセンサーシステム搭載モデル

駆動系は全てヤマハのOEMですから、当然ブリジストンの電動アシスト自転車にも、トリプルセンサーシステムが搭載されました。

以上の車種になります

アシスタリチウムロイヤル

◎AERO-Lifeの電動アシスト自転車

手掛かりになるような表記がありません。

アシストレベルの高い電動アシスト自転車の場合、ペダルを強く踏まなくても、強い力を発生するため、漕ぎだしが楽になります。

荷物をたくさん積む必要のある人、脚力の弱った人、年配の人、などに向いています。



おすすめのページ



PAGE TOP


このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録